【カロリー】必要エネルギー量の算出【簡易式でハリベネ卒業】

計算イメージ 臨床栄養スキル
Reading Time: 約 2

患者さんの必要エネルギーの計算方法を知りたい。太っている人もそのまま計算していいの??。ハリスベネディクトの式を使っているが、実臨床にイマイチ合わずモヤモヤしている・・・。

こんな悩みを抱えている、病院栄養士(医療者)向けの記事です。本記事では 栄養管理で最も悩ませる問題のひとつ、「必要エネルギー量」についてまとめました。

本記事の内容

1⃣ 計算式に使う体重の決定
2⃣ 体重に乗じる定数の決定
計算例・補足

必要エネルギーの算出式は 1⃣×2⃣=〇〇〇〇kcal/日です。順番に示していきます。

記事を書いている私は病院で働いています。私は病棟での栄養管理を中心に仕事をしていて、各種ガイドラインを読んでいますし、毎日患者さんの必要エネルギーを計算しています。

この記事を読めばハリスベネディクトの計算式は使わないので、急な問い合わせにも電卓片手に必要エネルギーが即答できるようになります。出来るようになると他の職種から重宝されます。ぜひご覧下さい。

計算式に使う体重の決定 方法

まず、エネルギー算出をしたい患者さんの計算式に用いる体重(BW)を決めます。単位はkgで進めます。以下の2つのCHECKで決めます。 情報が無い、測定ができない場合は身長のみメジャーで測定。

CHECK ① 

体に水がたまっていないか?(むくみ、胸腹水等)

 ・はい → (普段の体重が候補) UBWルート ✔CHECK② -1

 ・いいえ→ (今の体重が候補) BWルート  ✔CHECK② –2

 ・情報が無い、測定不可IBW (標準体重:身長m×身長m×22) 、 ✔CHECK② -3

✔CHECK①で使用する体重のルートが決まれば下記のCHECK②-1~3のいずれかへ進みます。

CHECK ②-1 UBWルート

BMIを確認して使用体重を決定 BMI=UBW(kg)/身長(m)/身長(m)

BMI計算式に使用する体重
30以上ABW  調整体重 :(BW-IBW)×0.25+IBW
30未満25以上IBW  標準体重:身長(m)×身長(m)×22
25未満18.5以上UBW 普段の体重確認
18.5未満16.1以上IBW  標準体重:身長(m)×身長(m)×22
16.1未満UBW+追加 普段の体重を確認、目指す必要分を追加

CHECK ②-2 BWルート

BMIを確認して使用体重を決定 ※ BMI=UBW(kg)/身長(m)/身長(m)

BMI計算式に使用する体重
30以上 ABW  調整体重 :(BW-IBW)×0.25+IBW
30未満25以上 IBW  標準体重:身長(m)×身長(m)×22
25未満18.5以上 BW  現在の測定した体重
18.5未満16.1以上 IBW  標準体重:身長(m)×身長(m)×22
16.1未満 BW+追加  現在の測定した体重に目指す必要分を追加

CHECK②-3 不明・未測定ルート

IBW (標準体重:身長m×身長m×22) を使用する事が決定。ただし、極端にやせてる場合はIBWより少なくする(どれくらい減らすかは過去の経験から)。

CHECK1~2の手順で必要エネルギー計算式にもちいる体重が決まれば、次の項目へ。

イメージとしては目の前の患者さんの、水分を除いた維持・目指すべき体重を出しています。

体重に乗じる定数の決定 方法

エネルギー必要量算定式に用いる体重が決まれば、次に乗じる定数を決めます。病態によって異なりますが、大体30kcal/kg/日前後です。

状態体重あたりの必要エネルギー量補足
基礎代謝(BEE)20kcal最低限確保したいエネルギー
健康な人30kcal活動度と体重変化を考慮し増減
糖尿病・肥満等25~30kcal侵襲が無い、生活習慣病
透析30~35kcal
慢性腎臓病25~35kcal
急性腎障害20~30kcal
褥瘡30~35kcal大きさ・深さ等の程度を考慮
炎症性腸疾患30~35kcal
COPD30~40kcal
肝不全25~35kcal耐糖能異常で25kcal
リフィーディング症候群10kcal( BMI16以下 )5kcal(BMI14以下は)
重症期25~30kcal初期1週間は少なく投与

各種ガイドライン・教科書を参考にしています。幅があるので、1600~1800kcal といった具合にエネルギーは算出されます。

計算例・補足

では、今まで考えてきた体重・定数をもちいて計算例を示していきます

計算例 入院時を想定
男性 80歳 身長170cm 体重50kg 
・BMI 17.3(50÷1.7÷1.7) IBW63.5kg(1.7×1.7×22)
疾患:糖尿病(HbA1c6.9)、腎不全(透析)、褥瘡(DESIGN-R®20)
入院する前から最近食べる量が減ってやせてきた。でも、なんとか3食少量ずつでも食べている。
  • 1⃣計算式に使う体重:体に水が溜まっていない事を確認(CHEK①)し、無かったのでBWルートCHECK② -2 )へ。BMIは17.3なので「18.5未満16.1以上」に該当、IBWである63.5kgを計算に用いる事を決定
  • 2⃣体重に乗じる定数:糖尿病は高齢者の目標値(HbA1c7.0)をなんとか下回っている、腎不全・褥瘡を考慮して30kcalを用いる事を決定。(念のためリフィーディングの兆候が無いかはチェック)
  • 必要エネルギー量の計算式:1⃣63.5×2⃣301905kcal

以上で初期の必要エネルギー量(目標)が決まりました。

補足

必要エネルギー量を計算すると具体的な数値が出てくるので、守りたくなります。しかし、出てきた数値は科学的根拠としては弱く、 正確に人の体の消費エネルギーを知ろうとするとヒューマンカロリメーターを使わなければなりませんし、 どれくらい体が栄養を吸収しているかは分からないため、モニタリングが重要となります。

  • モニタリング:栄養投与を開始した日から血糖値をチェック。高血糖は褥瘡治癒には悪影響となるので、血糖〇〇以上いったら投与栄養を糖尿内科or主治医へ相談と決める。褥瘡の治癒がとぼしければ、過栄養(血糖・BUN等)が無いことを確認しつつ エネルギーを増量する。体重は透析を行っているので変動幅をチェック。採血・褥瘡回診を考慮して再モニタリング日・頻度を決定

Q:四肢を切断された患者はどうするか??

:下記の図から補正値を代入、推定式を用いて実体重(本来手足があった場合の)を算出

推定式:実体重=現体重×[1+補正値(%)÷100]

まとめ

必要エネルギの計算式は 1⃣×2⃣=〇〇〇〇kcal/日 

1⃣計算式に使う体重を体液貯留・体格から決める

2⃣体重に乗じる定数を疾患を考慮して決める

必要エネルギーは不正確なのでモニタリングをして適宜修正

管理人の都
管理人の都

栄養管理の目的は正確な必要エネルギーを出す事ではないので、モニタリングに力を割いて投与エネルギは修正を繰り返した方が良いと思います。計算に慣れてくれば、ポケットに忍ばせた電卓のみでエネルギー量を答えられるようになりますよ。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました