褥瘡治癒のための疾患特異的経口栄養サポートの費用対効果

文献 文献
Reading Time: 約 2

Cost-effectiveness of a disease-specific oral nutritional support for pressure ulcer healing.

Clin Nutr. 2017 Feb;36(1):246-252

結論

疾患特異的経口栄養サポートの使用は、褥瘡のより良好な治癒をもたらすだけでなく、地域の医療システムの観点から地域の褥瘡ケアのコストも削減する。

要旨

バックグラウンドと目的

Oligo Element Sore Trialは、アルギニン、亜鉛、抗酸化物質を多く含む疾患特異的な栄養サポートをすることで、同程度のカロリー・窒素のサポートと比較して栄養失調患者の褥瘡治癒を改善することを示しています。しかしながら、そのような栄養サポートの使用は費用対効果の評価によっても支持される必要がある。

方法

地域の医療制度の観点から見たこの経済的評価は、ピギーバックアプローチに従った多施設無作為化比較試験と並行して行われました。主要有効性評価項目は、8週間後の褥瘡面積の変化率でした。
焦点を絞ったコスト分析:グループ間の局所褥瘡ケアの直接医療費の差、および主要評価項目に関連する栄養療法の増分費用対効果比(ICER)(褥瘡面積の変化率および褥瘡面積の≧40%の削減 8週間)

結果

疾患特異的な栄養サポートはより高価であった(平均差:39.4ユーロ; P < 0.001)が、その使用は非栄養褥瘡ケア活動(差、-113.7ユーロ; P=0.001)および現地の褥瘡ケア費用(差、-74.3ユーロ、P = 0.013)。の両方に関して節約をもたらした。したがって、その有効性を考えると、費用対効果の高い介入であることが証明されました。

管理人の都
管理人の都

栄養サポートのコストは発生するけど褥瘡ケアのコストが節約できるので、トータルで見ると費用対効果が高い。とても重要ですね。本文は読めませんでしたので、具体的な栄養介入の方法が分かりませんので核となる部分が不明なままで残念です。今後リファレンスにあるOligo Element Sore Trialを調べて具体的な介入方法が分かればまたアップしたいと思います。あと、文献が出るのを待っているだけじゃなく日本でも報告を出していかなければならないと思いました。

原文

Abstract

BACKGROUND & AIMS:
The Oligo Element Sore Trial has shown that supplementation with a disease-specific nutritional formula enriched with arginine, zinc, and antioxidants improves pressure ulcer (PU) healing in malnourished patients compared to an isocaloric-isonitrogenous support. However, the use of such a nutritional formula needs to be supported also by a cost-effectiveness evaluation.

METHODS:
This economic evaluation – from a local healthcare system perspective – was conducted alongside a multicenter, randomized, controlled trial following a piggy-back approach. The primary efficacy endpoint was the percentage of change in PU area at 8 weeks. The cost analysis focused on: the difference in direct medical costs of local PU care between groups and incremental cost-effectiveness ratio (ICER) of nutritional therapy related to significant study endpoints (percentage of change in PU area and ≥40% reduction in PU area at 8 weeks).

RESULTS:
Although the experimental formula was more expensive (mean difference: 39.4 Euros; P < 0.001), its use resulted in money saving with respect to both non-nutritional PU care activities (difference, -113.7 Euros; P = 0.001) and costs of local PU care (difference, -74.3 Euros; P = 0.013). Therefore, given its efficacy it proved to be a cost-effective intervention. The robustness of these results was confirmed by the sensitivity analyses.

CONCLUSION:
The use of a disease-specific oral nutritional formula not only results in better healing of PUs, but also reduces the costs of local PU care from a local healthcare system perspective.

コメント