食事性タンパク質源と偶発性慢性腎臓病のリスク:地域におけるアテローム性動脈硬化症リスク(ARIC)研究の結果

文献 文献
Reading Time: 約 2

Dietary protein sources and risk for incident chronic kidney disease: Results from the Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) Study

J Ren Nutr. 2017 July ; 27(4): 233–242.

要旨

結論

慢性腎臓病(CKD)の発症リスクと特定の食事タンパク質源との間にはさまざまな関連性がありました。 赤肉および加工肉がCKDリスクに有害に関連している。 ナッツ、低脂肪乳製品、豆類はCKDの発症を防ぐ

目的

中等度から重度の腎機能不全の患者には、食事タンパク質制限が推奨されます。正常な腎機能を有する個人における食事性タンパク質源と偶発的腎疾患のリスクとの関係に関する長期データは、ほとんど無い。本研究は、食事性タンパク質源と偶発性慢性腎臓病(CKD)との関連を評価することを目的とした。

デザイン

前向きコホート 。

設定

米国の4つの地域におけるアテローム性動脈硬化症のリスク 。

対象

糖尿病、心血管疾患がなく、推定糸球体濾過量(eGFR)が60mL /分/1.73m2以上であった1987-1989年の44-66歳の合計11,952人の成人。

主要評価項目

66項目の食物摂取頻度調査票を用いて食物摂取量を評価した。CKDステージ3の定義は、ベースラインから25%以上のeGFRの減少として、60ml/分/1.73m2未満のeGFRである。 CKD関連の入院、CKD関連の死亡、または末期腎臓病をハザード比(HR)と95%信頼区間(CI)はCox比例ハザード回帰を用いて推定した 。

結果

中央値23年の追跡期間中、2,632件の偶発的CKDが発生した。赤肉および加工肉の摂取は、CKDリスクの増加と関連していた(HR:Q5対Q1:1.23、95%CI:1.06-1.42、ptrend = 0.01)。対照的に、ナッツ、豆類、および低脂肪乳製品の食事摂取量の増加は、CKDリスクの低下と関連していた(ナッツ: HRQ5 vs. Q1: 0.81, 95% CI: 0.72-0.92, ptrend <0.001; 低脂肪乳製品: HRQ5 vs. Q1: 0.75, 95% CI: 0.65-0.85, ptrend <0.001; 豆類: HRQ5 vs. Q1: 0.83, 95% CI: 0.72-0.95, ptrend = 0.03)

管理人の都
管理人の都

CKDのリスクと食品の関係を検討した論文です。腎臓には赤肉とは牛・豚・羊でしょうか。同じたんぱく質でも質によって腎臓への影響が違うようで、おもしろい内容です。気になる魚はというと、本文中では魚介類は HR (95% CI) が0.86 (0.73, 1.02)   でP=0.08でした。

原文

Abstract

OBJECTIVE

Dietary protein restriction is recommended for patients with moderate to severe renal insufficiency. Long-term data on the relationship between dietary protein sources and risk for incident kidney disease in individuals with normal kidney function are largely missing. This study aimed to assess the association between dietary protein sources and incident chronic kidney disease (CKD).

DESIGN

Prospective cohort .

SETTING

Atherosclerosis Risk in Communities study participants from 4 US communities.

SUBJECTS

A total of 11,952 adults aged 44-66 years in 1987-1989 who were free of diabetes mellitus, cardiovascular disease, and had an estimated glomerular filtration rate (eGFR) ≥ 60 mL/minute/1.73 m2.

MAIN OUTCOME MEASURE

A 66-item food frequency questionnaire was used to assess food intake. CKD stage 3 was defined as a decrease in eGFR of ≥25% from baseline resulting in an eGFR of less than 60 mL/minute/1.73 m2; CKD-related hospitalization; CKD-related death; or end-stage renal disease. Hazard ratios (HRs) and 95% confidence intervals (CIs) were estimated using Cox proportional hazards regression.

RESULTS

During a median follow-up of 23 years, there were 2,632 incident CKD cases. Red and processed meat consumption was associated with increased CKD risk (HRQ5 vs. Q1: 1.23, 95% CI: 1.06-1.42, ptrend = 0.01). In contrast, higher dietary intake of nuts, legumes, and low-fat dairy products was associated with lower CKD risk (nuts: HRQ5 vs. Q1: 0.81, 95% CI: 0.72-0.92, ptrend <0.001; low-fat dairy products: HRQ5 vs. Q1: 0.75, 95% CI: 0.65-0.85, ptrend <0.001; legumes: HRQ5 vs. Q1: 0.83, 95% CI: 0.72-0.95, ptrend = 0.03).

CONCLUSION

There were varied associations of specific dietary protein sources with risk of incident CKD; with red and processed meat being adversely associated with CKD risk; and nuts, low-fat dairy products, and legumes being protective against the development of CKD.

コメント

タイトルとURLをコピーしました