筋肉量減少を低減するための高齢者における食事蛋白質補給

文献 文献
Reading Time: 約 2

Dietary protein supplementation in the elderly for limiting muscle mass loss.

Amino Acids. 2017 Jan;49(1):33-47.

要旨

主に運動トレーニングに関連する、ホエイおよび他の食物タンパク質の補給は、除脂肪体重を獲得および維持し、健康パラメータを改善するために高齢者にとって有益であると提案されてきた。

このレビューの主旨は、そのような補給からの利益を示す科学文献によって提供された根拠を調べて、高齢者における最適で客観的な利益のためのタンパク質摂取のベストな戦略を定義することです。

全体として、食事当たりタンパク質約0.4g/kg BWの摂取量、したがってタンパク質1.2〜1.6g/kg BW/日が潜在的な同化抵抗を考慮して推奨されると思われる。

骨格筋量の喪失は、日常生活における活動能力を低下させることに寄与し、最適なタンパク質消費が、独立性を維持し、健康状態に寄与するための重要なパラメータを表し得ることを強調している。 しかしながら、有害作用を伴わないタンパク質の最大摂取量が知られていないこと、および高レベルのタンパク質摂取量が潜在的な有害作用を伴う結腸へのタンパク質の移動の増加と関連することは注目に値する。したがって、通常のタンパク質の食事摂取量を考慮して、ホエイタンパク質の補給から期待できる利益をそれぞれの場合で検討することが重要です。

管理人の都
管理人の都

レビュー論文ですね。本文が読めなかったので、詳細は分かりません。運動の強度・年齢・侵襲・腎・肝機能によって私はタンパク質の目標量を設定していますが、1.0g/kg・BWが基本と考えています。もう少し多めを基本にして、過剰の兆候が認められたら減らす方がいいかもしれませんね。ちなみに日本静脈経腸栄養学会のガイドラインでは”0.8~1.0g/kgで病態に応じて“と推奨しています。

原文

Abstract

Supplementation with whey and other dietary protein, mainly associated with exercise training, has been proposed to be beneficial for the elderly to gain and maintain lean body mass and improve health parameters. The main objective of this review is to examine the evidence provided by the scientific literature indicating benefit from such supplementation and to define the likely best strategy of protein uptake for optimal objectified results in the elderly. Overall, it appears that an intake of approximately 0.4 g protein/kg BW per meal thus representing 1.2-1.6 g protein/kg BW/day may be recommended taking into account potential anabolic resistance. The losses of the skeletal muscle mass contribute to lower the capacity to perform activities in daily living, emphasizing that an optimal protein consumption may represent an important parameter to preserve independence and contribute to health status. However, it is worth noting that the maximal intake of protein with no adverse effect is not known, and that high levels of protein intake is associated with increased transfer of protein to the colon with potential deleterious effects. Thus, it is important to examine in each individual case the benefit that can be expected from supplementation with whey protein, taking into account the usual protein dietary intake.

コメント