膵頭十二指腸切除術を受けた患者における早期経腸栄養と中心経静脈栄養 無作為化多施設対照試験(Nutri-DPC)

文献 文献
Reading Time: 約 2

Early Enteral Versus Total Parenteral Nutrition in Patients Undergoing Pancreaticoduodenectomy
A Randomized Multicenter Controlled Trial (Nutri-DPC).

Ann Surg. 2016 Nov;264(5):731-737.

要旨

結論

膵頭十二指腸切除術(PD)を受けている患者では、NJEEN(経鼻早期空腸栄養)は全体的な術後合併症発生率の増加と関連していました。膵液漏(POPF)の頻度と重症度もNJEEN後に有意に増加しました。安全性と実現可能性の観点から、NJEENはお勧めできません。

目的

本研究の目的は、術後合併症に関して、膵頭十二指腸切除術(PD)後の経鼻早期空腸栄養(NJEEN)と中心静脈栄養法(TPN)を比較すること。

バックグラウウンド

現在の栄養ガイドラインでは、消化器外科手術を受けている患者における経腸栄養と静脈栄養の併用が推奨されています。しかし、NJEENはPDを受けている患者で議論の余地がある。

方法

2011年から2014年の間に多施設無作為化比較試験が行われた。フランスの9か所のセンターで、NJEEN(n = 103)またはTPN(n = 101)のPDを受けている204人の患者を分析した。主要評価項目はClavien-Dindo分類による術後合併症の発生率でした。NJEENは、鼻腔 – 空腸栄養チューブの挿入として定義され、POD 5で少なくとも50%の目標栄養を投与し、連続48時間を超えるTPNは投与しなかった。

結果

術後合併症はTPN群の64.4%(95%CI 54.2-73.6)に対してNJEEN群の77.5%[95%信頼区間(95%CI)68.1-85.1]患者に発生した(P = 0.040)。NJEENはより高い頻度の術後膵液漏(POPF)(48.1%vs 27.7%、P = 0.012)およびより高い重症度(グレードB / C 29.4%vs 13.9%; P = 0.007)と関連していた。膵切除術後の出血の発生率、胃内容排出遅延、感染性合併症、術後合併症のグレード、および術後入院期間に有意差はなかった。NJEENは63%の患者で達成されました。TPN群では、平均エネルギー摂取量は有意に高く(P <0.001)、患者は経口摂食の早期開始を示した(P = 0.0009)。

管理人の都
管理人の都

過去の研究においてはENがTPNより推奨されていましたが、逆の結果です。私には衝撃でした。消化管を使う事が消化器関連の合併症を増やしたため、Clavien-Dindoに差が出たのでしょうか。TPNの管理が進歩して感染が減っているのでしょうか。経口摂取の開始が遅くなったのは、消化管を使っているのでトライするメリットが減ったため開始が遅れた、もしくは咽頭不快感により開始が遅れたと思います。いずれにしても、今までとは異なる結果なので重要な論文と思います。今回の研究は経鼻経腸栄養vs中心静脈栄養ですので、腸瘻ではありません。

原文

Abstract

BACKGROUND

Current nutritional guidelines recommend the use of enteral over parenteral nutrition in patients undergoing gastrointestinal surgery. However, the NJEEN remains controversial in patients undergoing PD.

METHODS

Multicenter, randomized, controlled trial was conducted between 2011 and 2014. Nine centers in France analyzed 204 patients undergoing PD to NJEEN (n = 103) or TPN (n = 101). Primary outcome was the rate of postoperative complications according to Clavien-Dindo classification. Successful NJEEN was defined as insertion of a nasojejunal feeding tube, delivering at least 50% of nutritional needs on PoD 5, and no TPN for more than consecutive 48 hours.

RESULTS

Postoperative complications occurred in 77.5% [95% confidence interval (95% CI) 68.1-85.1] patients in the NJEEN group versus 64.4% (95% CI 54.2-73.6) in TPN group (P = 0.040). NJEEN was associated with higher frequency of postoperative pancreatic fistula (POPF) (48.1% vs 27.7%, P = 0.012) and higher severity (grade B/C 29.4% vs 13.9%; P = 0.007). There was no significant difference in the incidence of post-pancreatectomy hemorrhage, delayed gastric emptying, infectious complications, the grade of postoperative complications, and the length of postoperative stay. A successful NJEEN was achieved in 63% patients. In TPN group, average energy intake was significantly higher (P < 0.001) and patients had an earlier recovery of oral feeding (P = 0.0009).

CONCLUSIONS

In patients undergoing PD, NJEEN was associated with an increased overall postoperative complications rate. The frequency and the severity of POPF were also significantly increased after NJEEN. In terms of safety and feasibility, NJEEN should not be recommended.

コメント