術後早期経腸栄養は腹膜炎モデルにおいて吻合強度を増加させる

文献 文献
Reading Time: 約 2

Early postoperative enteral feeding increases anastomotic strength in a peritonitis model.

Am J Surg. 2001 Dec;182(6):621-4.

要旨

結論

今回のデータは、手術直後のfeedingはサイトカイン像に有益な変化をもたらすことを示唆しています。

バックグラウンド

腫瘍壊死因子アルファ(TNF−α)は、コラーゲン合成を減少させ、コラゲナーゼ活性を増加させて創傷治癒障害をもたらすことが示されている。著者らの仮説は、術後の即座のfeedingはTNF-αを減少させ、それゆえ腹膜炎モデルにおいて吻合治癒を増加させるだろうというものでした。

方法

12匹のSprague-Dawleyラットに腹膜炎を誘発するために盲腸結紮および穿刺を施した。腹膜炎誘発の6時間後に回腸摘出術および回腸吻合術を施行した。グループ1のラット(n = 6)は食物と水に即座に摂取することができたが、グループ2(n = 6)は水だけに自由に摂取することができた。
48時間後に、体重減少、窒素減少、吻合破裂強度(ABS)、TNF-α、インターロイキン-6(IL-6)、およびIL-10を測定した。

結果

体重減少は2つのグループで同様でした。グループ1のラットは、有意に低い平均TNF-αレベルを有した(17.3 +/- 10 vs 17.3 +/- 10 mcg/Dl, P = 0.05)。ABSはまた、グループ2のラットと比較した場合、グループ1のラットにおいて有意に高かった(81 +/- 34 versus 39 +/- 13 mm HG, P = 0.03).。

管理人の都
管理人の都

動物実験ではありますが、とても興味深い内容です。外科医の先生と会話していると、早期に消化管を使ったほうが良いのは理解するが吻合した場所にモノを流すのはこわいとよく言われます。むしろ、早期腸管を使ったほうが吻合部の強度があがり、有害サイトカインも減る結果ですね。吻合部に食物が流れることによって血流量が増加し、癒着するための物質がたくさん運ばれるのでしょうか

原文

Abstract

BACKGROUND

Tumor necrosis factor alpha (TNF-alpha) has been shown to decrease collagen synthesis and increase collagenase activity leading to impaired wound healing. Our hypothesis was that immediate postoperative feeding would decrease TNF-alpha, therefore increasing anastomotic healing in a peritonitis model.

METHODS

Twelve Sprague-Dawley rats underwent cecal ligation and puncture to induce peritonitis. Six hours after induction of peritonitis an ileocecectomy and ileocolostomy was performed. Group 1 animals (n = 6) had immediate access to food and water, whereas group 2 (n = 6) had free access to water only. At 48 hours, weight loss, nitrogen loss, anastamotic bursting strength (ABS), TNF-alpha, interleukin-6 (IL-6), and IL-10 were measured.

RESULTS

Weight loss was similar in the two groups. Group 1 rats had a significantly lower mean TNF-alpha level (17.3 +/- 10 versus 17.3 +/- 10 mcg/Dl, P = 0.05). ABS was also significantly higher in group 1 rats when compared with group 2 rats (81 +/- 34 versus 39 +/- 13 mm HG, P = 0.03).

CONCLUSIONS

These data suggest that immediate postoperative feeding results in a beneficial change in the cytokine profile.

コメント