膵頭十二指腸切除術後のバクテリアルトランスロケーションおよび術後感染性合併症に対する周術期のシンバイオティクス治療の効果

文献 文献
Reading Time: 約 2

Effect of Perioperative Synbiotic Treatment on Bacterial Translocation and Postoperative Infectious Complications after Pancreatoduodenectomy.

Dig Surg. 2016;33(3):220-9.

結論

シンバイオティクスの術前使用は、膵頭十二指腸切除後の感染性合併症の発生率に影響を及ぼさなかった。

要旨

バックグラウンド/目的

本研究では、腸間膜リンパ節(MLN)への細菌の移行と膵頭十二指腸切除術後(PD)の感染性合併症の発生に対する周術期のシンバイオティクスの効果を調べた。(PD:大学病院医療情報ID 000003705)

方法

PDを受ける予定の患者は、術前のシンバイオティクスを受けるか、またはシンバイオティクスを受けないように無作為に割り付けられた(対照群)。開腹時(MLN-1)および切除後(MLN-2)にMLNを採取した。開腹前(Blood−1)および術後1日目(Blood−2)に血液試料を採取した。 各試料中の微生物は、細菌特異的リボソームRNA標的逆転写酵素 – 定量的ポリメラーゼ連鎖反応を用いて検出された。

結果

44人の患者が含まれた。 すべてのサンプルにおいて、MLN-1、MLN-2、Blood-1、およびBlood-2の細菌検出率は、統計的に有意な差には達していないが、対照群よりもシンバイオティクス群の方が低かった。MLN-2およびBlood-2試料中の細菌の陽性の間には有意な相関があった(p = 0.009)。全体的な感染性合併症の発生率は2群間で有意差はなかった。 周術期のさまざまな要因のうち、膵液瘻の発生率が感染性合併症の発生率と有意な関連がある唯一の要因でした。

管理人の都
管理人の都

エビデンスが次々と出てくる印象のシンバイオティクスですが、今回の報告では感染性合併症をヘラしませんでした。フルテキストは読めませんでしたので、詳細が不明です。シンバイオティクスによって血中の菌に差は出ていたのに、感染性合併症に差が出なかった。患者の菌に対する耐性に差はなかったのでしょうか。特にどんなシンバイオティクスをしたのか・・・。疑問が色々出てきます。何か有益性が欲しいと思ってしまいます。

原文 Abstract

BACKGROUND/AIMS:
This study investigated the effect of perioperative synbiotics on bacterial translocation to mesenteric lymph nodes (MLNs) and occurrence of infectious complications following pancreatoduodenectomy (PD; University Hospital Medical Information Network ID 000003705).

METHODS:
Patients who were scheduled to undergo PD were randomized to receive preoperative synbiotics or no synbiotics (control group). MLNs were harvested at laparotomy (MLN-1) and after the resection (MLN-2). Blood samples were collected before laparotomy (Blood-1) and on postoperative day 1 (Blood-2). Microorganisms in each sample were detected using a bacterium-specific ribosomal RNA-targeted reverse transcriptase-quantitative polymerase chain reaction.

RESULTS:
Forty-four patients were included. In all samples, the bacterial detection rate in the MLN-1, MLN-2, Blood-1, and Blood-2 was lower in the synbiotics group than in the control group, although it did not reach a statistically significant difference. There was a significant correlation between the positivity of bacteria in the MLN-2 and Blood-2 samples (p = 0.009). The incidence rate of overall infectious complications was not significantly different between the 2 groups. Among various perioperative factors, the incidence of pancreatic fistula was the only factor that had a significant association with the incidence of infectious complications.

CONCLUSION:
The preoperative use of synbiotics did not affect the incidence of infectious complications following PD.

コメント