重症患者における高濃度エネルギー(Energy-Dense)vs通常(Routine)の経腸栄養

文献 文献
Reading Time: 約 2

Energy-Dense versus Routine Enteral Nutrition in the Critically ill

N Engl J Med 2018; 379:1823-1834

要旨

結論

人工呼吸器装着患者では、エネルギー密度の高い経腸栄養製剤の使用に関連した90日での生存率は、 routineな経腸栄養のそれを上回らなかった。

バックグラウンド

重症病態の間に投与カロリーの違いによる影響は分かっていない。そして、患者は通常推奨されている量より少ない量を投与されている。

方法

energy-dense(1.5 kcal /ml)とroutine(1.0 kcal /ml)を比較して評価するために、オーストラリアとニュージーランドの46の集中治療室(ICU)で人工呼吸を受ける成人を対象とした多施設二重盲検無作為化試験を実施した。 1時間あたりの理想体重1キログラムあたり1mlの用量の経腸栄養を栄養サポートの開始から12時間以内に開始し、患者がICUに入っている間最大28日間継続した。主要評価項目は90日以内の全原因死亡率とした。

結果

修正 intention-to-treat 分析に含まれる患者は3957人であった(1.5kcalグループで1971人、1.0kcalグループで1986人)。 試験中に投与された経腸栄養の容量は、2つのグループで同様でした。 しかし、 energy-dense(1.5kcal /ml)グループの患者は、 routine(1.0 kcal /ml)グループの1日当たり1262±313 kcalと比較して、1日当たり1863±478 kcalの平均(±SD)を投与されていた(平均差、1日当たり601 kcal;95%信頼区間[CI]、576〜626)。90日間死亡は、 energy-dense(1.5kcal /ml) グループの1948人の患者のうち523人(26.8%)、 routine(1.0 kcal /ml)グループの1966人の患者のうち505人(25.7%)(相対リスク、1.05; 95%CI、0.94〜1.16; P=0.41)。結果は、7つの事前定義サブグループでも同様でした。高エネルギー投与は、生存期間、臓器支援の受領、生存してからICUおよび病院を出るまでの日数、臓器支援がないこと、感染性合併症または有害事象の発生率に影響を与えなかった。

(オーストラリア国立健康医学研究所およびニュージーランド健康研究評議会によって資金提供された; TARGET ClinicalTrials。gov number, NCT02306746.)

管理人の都
管理人の都

重症患者の急性期の投与エネルギーに関しては、EPaNIC、EarlyPN、SPN、EDEN、TICACOS等様々な研究がありますが、その最新情報ですね。本文を読んでみると、タンパク質は両群ほぼ同じで糖質・脂質量によってエネルギー密度を変えています。やはり、海外文献なのでBMIが高く若年でした。やせ気味で高齢な日本人の重症患者にも当てはまるかは問題になると思います。あと、投与速度を同じにして栄養量に差をつけている研究ですが、高濃度栄養剤のメリットは水分の投与スペースが確保できる所なので、これだけで高濃度栄養剤に意味がないとは思えません。

原文

Abstract

BACKGROUND

The effect of delivering nutrition at different calorie levels during critical illness is uncertain, and patients typically receive less than the recommended amount.

METHODS

We conducted a multicenter, double-blind, randomized trial, involving adults undergoing mechanical ventilation in 46 Australian and New Zealand intensive care units (ICUs), to evaluate energy-dense (1.5 kcal per milliliter) as compared with routine (1.0 kcal per milliliter) enteral nutrition at a dose of 1 ml per kilogram of ideal body weight per hour, commencing at or within 12 hours of the initiation of nutrition support and continuing for up to 28 days while the patient was in the ICU. The primary outcome was all-cause mortality within 90 days.

RESULTS

There were 3957 patients included in the modified intention-to-treat analysis (1971 in the 1.5-kcal group and 1986 in the 1.0-kcal group). The volume of enteral nutrition delivered during the trial was similar in the two groups; however, patients in the 1.5-kcal group received a mean (±SD) of 1863±478 kcal per day as compared with 1262±313 kcal per day in the 1.0-kcal group (mean difference, 601 kcal per day; 95% confidence interval [CI], 576 to 626). By day 90, a total of 523 of 1948 patients (26.8%) in the 1.5-kcal group and 505 of 1966 patients (25.7%) in the 1.0-kcal group had died (relative risk, 1.05; 95% CI, 0.94 to 1.16; P=0.41). The results were similar in seven predefined subgroups. Higher calorie delivery did not affect survival time, receipt of organ support, number of days alive and out of the ICU and hospital or free of organ support, or the incidence of infective complications or adverse events.

CONCLUSIONS

In patients undergoing mechanical ventilation, the rate of survival at 90 days associated with the use of an energy-dense formulation for enteral delivery of nutrition was not higher than that with routine enteral nutrition. (Funded by National Health and Medical Research Institute of Australia and the Health Research Council of New Zealand; TARGET ClinicalTrials.gov number, NCT02306746.)

コメント

タイトルとURLをコピーしました