胃癌術後の短期的および長期的な体重減少に関わる因子の検討

文献 文献
Reading Time: 約 < 1

日本静脈経腸栄養学会雑誌32(5):1468-1473:2017

要旨

結論

術前化学療法が短期的体重減少に関与し,短期的体重減少率とSkeletal muscle mass index(以下SMI)減少率が長期的体重減少に関連していた。

目的

胃癌術後の短期的体重減少(退院初回再診時までの体重減少)および長期的体重減少(退院半年後までの体重減少)に関わる因子を検討することを目的とした。

対象及び方法

2014年9月から2015年6月までに当院で胃切除術または胃全摘術が施行され,半年後の外来フォローが行えた104例を対象とし,後方視的に検討した。各検討項目についてFisher直接確率法,t検定,Mann-Whitney U検定を用いて単変量解析を行い,次いで重回帰分析による多変量解析を行い,P<0.05を有意差ありと定義した。

結果

短期的体重減少の検討では,多変量解析において術前化学療法(P=0.013)で有意差を認めた。長期的体重減少の検討では,多変量解析でSkeletal muscle mass index(以下,SMIと略)の減少率(P=0.020),短期的体重減少率(P<0.001)で有意差を認めた。

管理人の都
管理人の都

本文を読んでみると、検討項目は以下でした。→性別・年齢・慢性腎臓病・COPD・肝硬変・糖尿病・待機期間・入院期間・手術期間・術式(全摘・胃切)・到達法(開腹・腹腔鏡)・術前BMI・出血量・腹膜播種・リンパ節転移・進行癌(MP以深)、stageⅡ以上、術前化学療法、術前ALB、術前CRP、NIL、CEA、術前SMI、術前プレサルコペニア、術前握力、術前歩行速度、術前サルコペニア、術前サルコぺニア肥満。この項目を選んだ理由については本文中に見当たりませんでした。長期体重の減少に関わる因子の単変量解析では術前化学療法は含まれていませんでした。
体重減少が術後の化学療法の完遂率に関わってきますので、術直後からの体重減少と筋肉の低下していれば栄養介入とリハビリをしっかりしていったほうが良さそうですね。この研究は因子の検索をされていましたが、どれくらいの栄養投与をすれば体重減少が予防できるかも知りたいところです。
※MP似深とは筋層へがん細胞が到達しているか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました