腹腔鏡下結腸手術前後におけるインスリン抵抗性の検討

文献 文献
Reading Time: 約 < 1

外科と代謝栄養 2015 年 49 巻 6 号 p. 287-292

要旨

結語

腹腔鏡下結腸癌手術(LC)の前後においてインスリン抵抗性は増大しないと考えられた.インスリン抵抗性軽減を目的とした 術前炭水化物含有飲料水 (CD)負荷は,腹腔鏡下手術が行われる場合は必ずしも必要ない可能性が示唆された.

目的

LC前後のインスリン抵抗性を検討し,CD負荷の意義について考察する.

方法

LCが予定された27例を対象に術前,術直後,第1病日朝のインスリン抵抗性をHOMA-Rにて経時的に計測した.

結果

男性14例,女性13例,68(38-78)歳,術式は結腸切除17例,前方切除10例であった.手術時間は137(110-155)分,出血は10mL未満であった.術後合併症は2例(7.4%)(麻痺性イレウス1例,Superficial SSI 1例)であった.術前,術直後,第1病日朝のHOMA-Rは1.4±0.6,1.2±0.2,1.1±0.5であり,有意差は認めなかった.

管理人の都
管理人の都

本文を読むと、糖尿病患者は除外基準となっています。手術時間が短く(?)、出血量も少ないと感じました。低侵襲の手術なのでストレスの度合いが低く、インスリン抵抗性の少ない患者群であったため,差が出なかったのでしょうか。ちなみに経口摂取はPOD2で飲水、POD3で3分粥食を食べる手順でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました