膵頭十二指腸切除術症例におけるControlling Nutritional Statusを用いた術前栄養状態と術後合併症に関する検討

文献 文献
Reading Time: 約 < 1

日本静脈経腸栄養学会雑誌33(1)641-646:2018

結論

膵液瘻の影響が少ない症例において、術前の栄養障害は術後合併症の発生と関係した。術前の栄養評価および介入は、術後合併症を減らす可能性が示唆された。

要旨

目的

膵頭十二指腸切除術における術前の栄養状態が、手術部位感染、膵液瘻、術後合併症の発生に関係するかを明らかにする。

対象及び方法

当科にて膵頭十二指腸切除術を施行した症例に対し、術前のControlling nutritional status(CONUT)法による栄養評価と、手術部位感染、膵液瘻、Clavien-Dindo分類による術後合併症との関係について解析を行った。

結果

栄養評価を行った374例中、正常栄養群は133例、軽度障害群は192例、中等度障害群は49例認めた。手術部位感染、膵液瘻、Clavien-Dindo分類による術後合併症の発生と、栄養障害の程度に直接的な有意な関係は認めなかった。膵硬度で層別化したところ、膵液瘻の少ない硬化膵においては、術後合併症は栄養障害群で有意に多く認めた(p=0.02)。また全症例から術後膵液瘻発生症例を除いた症例においても術後合併症は栄養障害群で多かった(p=0.02)。

管理人の都
管理人の都

CONUTを用いて術前の評価されています。膵頭十二指腸切除は侵襲が強く術前の栄養状態が重要との報告をよく目にしますが、合併症評価とすると膵液漏が入ってくるため、ノイズになっていたという事ですね、知識が整理されました。膵液漏のリスク因子は、ウィルズンク管の径や膵臓実質がソフトかハードかによるためです。
膵頭十二指腸切除後に最も重要なの合併症の一つに膵液漏があり、栄養介入で減らせないか考えてきましたがちょっと難しそうですね。

コメント