安定冠動脈疾患患者の心血管転帰に対する老年栄養リスク指数(GNRI)の影響

文献 文献
Reading Time: 約 2

Impact of Geriatric Nutritional Risk Index on cardiovascular outcomes in patients with stable coronary artery disease.

J Cardiol. 2017 Jan;69(1):383-388.

結論

Geriatric Nutritional Risk Index(GNRI)は、選択的PCI後の心臓イベントと有意に関連していました。 このフレイルな患者グループに対する適切な治療戦略を確立するために、さらなる研究を実施する必要があります。

要旨

バックグラウンド

安定冠状動脈疾患患者における栄養失調と心血管転機との関連は不明のままである。本研究の目的は、栄養リスクを評価するための単純なツールであるGNRIと、選択的経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の長期転帰との関連を評価することでした。

方法

この研究は、選択的PCIを受けた802人の患者(年齢、70±10年、男性、69%)からなっていた。GNRIは以下のようにベースラインで計算した:GNRI = [14.89×血清アルブミン(g / dL)+ [41.7×(体重/標準体重] 2]]]。患者はその後、以前に報告されたように3つのグループに分けられました:GNRI <92、92〜≤98、および> 98。この研究のエンドポイントは、心臓死または致命的でない心筋梗塞の複合でした。

結果

追跡期間の中央値1568日の間に、56の心臓イベントが発生しました。 Kaplan-Meier分析を使用すると、4年間のイベントフリー率は、GNRI <92で79%、GNRI 92から≤98で90%、GNRI> 98で97%(ログランク検定p <0.001)であることがわかりました 。 心臓死または非致命的な心筋梗塞の発生は、交絡因子を調整した後のGNRI> 98と比較しすると、GNRI <92およびGNRI 92〜≤98は、6.76倍の[95%信頼区間(CI)3.13-14.56、p <0.001]および3.03倍(HR 3.03、95%CI 1.36-6.78、p = 0.007)の増加を示した 。

管理人の都
管理人の都

低栄養が心臓イベントを起こしやすいという文献んです。本文を見てみると群分け後の多重比較は、GNRIが低い群ほど、CRPが高く、eGFRが低く、収縮期血圧が低く、LDLが低く、HDLが低く、中性脂肪が低く、BNPが高くなる結果でした。LDLは心血管イベントと正の相関しますから普段過栄養を扱っていると驚きますね。やはり臨床栄養は過栄養と低栄養、切り分けて考えてバランスよく知っておく必要がありますね。

原文 Abstract

BACKGROUND:
The association between malnutrition and cardiovascular prognosis in patients with stable coronary artery disease remains unclear. The aim of this study was to evaluate the association between Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI), a simple tool to assess nutritional risk, and long-term outcomes after elective percutaneous coronary intervention (PCI).

METHODS:
This study consisted of 802 patients (age, 70±10 years, male, 69%) who underwent elective PCI.
GNRI was calculated at baseline as follows: GNRI=[14.89×serum albumin (g/dl)+[41.7×(body weight/body weight at body mass index of 22)]].
patients were then divided into three groups as previously reported: GNRI <92, 92 to ≤98, and >98. The endpoint of this study was the composite of cardiac death or non-fatal myocardial infarction.

RESULTS:
During a median follow-up period of 1568 days, 56 cardiac events occurred. Using Kaplan-Meier analysis, the 4-year event-free rates were found to be 79% for GNRI <92, 90% for GNRI 92 to ≤98, and 97% for GNRI >98 (log-rank test p<0.001). GNRI <92 and GNRI 92 to ≤98 showed 6.76-fold [95% confidence interval (CI) 3.13-14.56, p<0.001] and 3.03-fold (HR 3.03, 95%CI 1.36-6.78, p=0.007) increase in the incidences of cardiac death or non-fatal myocardial infarction compared with GNRI >98 after adjusting for confounding factors.

CONCLUSION:
GNRI significantly associated with cardiac events after elective PCI. Further studies should be performed to establish appropriate therapeutic strategies for this vulnerable patient group.

コメント

タイトルとURLをコピーしました