膵頭十二指腸切除術を受けている栄養状態の良い患者における術前経口免疫栄養と標準的な術前経口食の比較

文献 文献
Reading Time: 約 2

Preoperative oral immunonutrition versus standard preoperative oral diet in well nourished patients undergoing pancreaticoduodenectomy

Int J Surg. 2016 Jul;31:93-9.

要旨

結論

術前経口免疫栄養療法は、膵頭十二指腸切除術予定で、栄養状態の良い患者に有効です。それは術後感染性合併症のリスクと入院期間の短縮に役立ちます。

バックグラウンド

膵頭十二指腸切除術は、特に膵臓手術に関連した感染性合併症のために、依然として高い死亡率に関連している:多くの危険因子がすでに提唱されている。本研究の目的は、膵頭十二指腸切除術を予定している栄養状態の良い患者における術前経口免疫栄養の効果を評価することである。

方法

2014年2月から2015年6月までに、膵頭十二指腸切除術を受けている54人の栄養状態の良い患者が5日間の術前経口免疫栄養療法に登録された。術前の標準経口食事療法を用いて、同じ部門で同じ介入を受けた一連の連続した患者を1:1で対応させた。分析のために、人口統計学的、病理学的および外科的変数を考慮した。死亡率、全体的な術後の合併症、膵液瘻、膵切除後の出血、胃内容排出遅延、感染性合併症および入院期間を各群について収集した。比較はカイ二乗検定、Fisher’s Exact検定およびStudent’s T検定を用いた。差は、p<0.05で統計的に有意と見なした。フリーウェアのマイクロソフトエクセル(登録商標)ベースのプログラムおよびSPSSver 10.00を用いて統計を行った。

結果

死亡率(各グループで2.1%)および全体的な合併症(41.6%対47.9%)の統計的な差は、グループ間でも膵臓手術関連の合併症でも発生しませんでした。逆に、免疫栄養群では、感染性合併症(22.9%vs 43.7%)、入院期間(18.3±6.8日vs 21.7±8.3、p = 0.035))について統計的差異が見られた。

管理人の都
管理人の都

本文を見てみると、膵液瘻やDGE,SSIには有意差を認めていませんでした。使用している免疫栄養はインパクト®を使用されています。インパクトの過去の検討ではSSIの予防効果もあったと思いますので意外です、下部消化管や泌尿器と違って比較的清潔からなのでしょうか。感染性合併症という広い定義なると良い、という事ですね。

原文

Abstract

BACKGROUND

Pancreaticoduodenectomy is still associated to high morbility, especially due to pancreatic surgery related and infectious complications: many risk factors have already been advocated. Aim of this study is to evaluate the role of preoperative oral immunonutrition in well nourished patients scheduled for pancreaticoduodenectomy.

METHODS

From February 2014 to June 2015, 54 well nourished patients undergoing pancreaticoduodenectomy were enrolled for 5 days preoperative oral immunonutrition. A series of consecutive patients submitted to the same intervention in the same department, with preoperative standard oral diet, was matched 1:1. For analysis demographic, pathological and surgical variables were considered. Mortality rate, overall postoperative morbility, pancreatic fistula, post pancreatectomy haemorrhage, delayed gastric emptying, infectious complications and length of hospital stay were described for each groups. Chi squared test, Fisher’s Exact test and Student’s T test were used for comparison. Differences were considered statistically significant at p < 0.05. Statistics was performed using a freeware Microsoft Excel (®) based program and SPSS v 10.00.

RESULTS

No statistical differences in term of mortality (2.1% in each groups) and overall morbility rate (41.6% vs 47.9%) occurred between the groups as well as for pancreatic surgery related complications. Conversely, statistical differences were found for infectious complications (22.9% vs 43.7%, p = 0.034) and length of hospital stay (18.3 ± 6.8 days vs 21.7 ± 8.3, p = 0.035) in immunonutrition group.

CONCLUSION

Preoperative oral immunonutrition is effective for well nourished patients scheduled for pancreaticoduodenectomy; it helps to reduce the risk of postoperative infectious complications and length of hospital stays.

コメント

タイトルとURLをコピーしました