結腸切除術後の術後腸閉塞に対するコーヒーの効果に関する無作為化臨床試験

文献 文献
Reading Time: 約 2

Randomized clinical trial on the effect of coffee on postoperative ileus following elective colectomy

Br J Surg. 2012 Nov;99(11):1530-8

結論

結腸摘出術後のコーヒー摂取は安全であり、最初の排便までの時間の短縮と関連していました。

要旨

バックグラウンド

術後イレウスは腹部手術後のよく見られる問題です。コーヒー摂取は結腸切除後の術後イレウスを減少させると仮説が立てられていた。

方法

本研究は多施設共同非盲検無作為化試験でした。選択的開腹または腹腔鏡下結腸切除術を受けている悪性または良性の疾患を有する患者は、手術後にコーヒーまたは水のいずれかを摂取するために手術前に無作為に割り当てられた(1日3回100ml)。主要評価項目は最初の排便までの時間でした。 副次的評価項目は、最初の放尿までの時間、固形食品の許容量までの時間、入院期間および周術期合併症率であった。

結果

各群40人、合計80人の患者を無作為化した。water arm(?)の1人の患者は外科的処置の変更により除外された。患者の特徴は両群で類似していた。 intention-to-treat分析において、最初の腸の移動までの時間は、水の場合よりもコーヒーの方が有意に短かった(平均(SD)60.4(21.3)vs74.0(21.6)h)。;p=0.006)。 固形食品の許容時間(49.2(21.3) vs 55.8(30.0) h;P = 0.276)vs55.8(30.0) h; P = 0.276)および最初の放尿までの時間(40.6(16.1) vs 46.4(20.1) h; P = 0.214) は同様の傾向を示したが、差は有意ではなかった。
2つのグループで入院期間 (10.8(4.4) vs 11.3(4.5) days; P = 0.497) および合併症率((8 of 40 vs 10 of 39 患者; P = 0·550) は同程度であった。

TRIAL REGISTRATION: ClinicalTrials.gov NCT01079442.

管理人の都
管理人の都

術後にコーヒーを飲んでいいかどうかの一つのヒントとなる論文ですね。術後の腸閉塞(これはマヒ性イレウスと思いますが)水よりも消化管が速く動くようです。食事再開が早まり、結果的に在院期間が短くなれば理想ですが、そうはなりませんでしたね。某急性期病院の栄養士先生は留学した際に流動食でコーヒーが出るとおっしゃってました。盲目的に禁止するよりは患者さんには飲んでもらった方が良さそうです。胆嚢摘出後や胃術後等、他の臓器でどうなるかも知りたいところですね。

原文 Abstract

BACKGROUND:
Postoperative ileus is a common problem after abdominal surgery. It was postulated that coffee intake would decrease postoperative ileus after colectomy.

METHODS:
This was a multicentre parallel open-label randomized trial. Patients with malignant or benign disease undergoing elective open or laparoscopic colectomy were assigned randomly before surgery to receive either coffee or water after the procedure (100 ml three times daily).
The primary endpoint was time to first bowel movement; secondary endpoints were time to first flatus, time to tolerance of solid food, length of hospital stay and perioperative morbidity.

RESULTS:
A total of 80 patients were randomized, 40 to each group. One patient in the water arm was excluded owing to a change in surgical procedure. Patient characteristics were similar in both groups. In intention-to-treat analysis, the time to the first bowel movement was significantly shorter in the coffee arm than in the water arm (mean(s.d.) 60·4(21·3) versus 74·0(21·6) h; P = 0·006). The time to tolerance of solid food (49·2(21·3) versus 55·8(30·0) h; P = 0·276) and time to first flatus (40·6(16·1) versus 46·4(20·1) h; P = 0·214) showed a similar trend, but the differences were not significant. Length of hospital stay (10·8(4·4) versus 11·3(4·5) days; P = 0·497) and morbidity (8 of 40 versus 10 of 39 patients; P = 0·550) were comparable in the two groups.

CONCLUSION:
Coffee consumption after colectomy was safe and was associated with a reduced time to first bowel action.

TRIAL REGISTRATION: ClinicalTrials.gov NCT01079442.

コメント

タイトルとURLをコピーしました