膵頭十二指腸切除術後の重篤な術後合併症のリスク因子と術後合併症予測のためのリスク予測式:日本全国の17,564例の全国調査

文献 文献
Reading Time: 約 2

Risk factors of serious postoperative complications after pancreaticoduodenectomy and risk calculators for predicting postoperative complications: a nationwide study of 17,564 patients in Japan

J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2017 May;24(5):243-251.

要旨

結論

重度の合併症率を低下させるには、PFグレードCを予防することが重要であり、これらのリスク計算は適切な患者選択に寄与します。

バックグラウンド

膵頭十二指腸切除後の合併症率は高いままである。 このコホート研究の目的は、重篤な合併症率(Clavien-Dindo分類Ⅳ-V)に関連する危険因子を明らかにし、日本の全国臨床データベースを用いて合併症リスク予測式を作成することである。

方法

2011年から2012年の間に、日本の1,311施設で膵頭十二指腸切除術を受けた17,564例がこのデータベースに記録された。 合併症率および関連する危険因子を分析した。

結果

全体的および重大な合併症率は、それぞれ41.6%および4.5%であった。 膵液瘻(ISGPF)グレードCの国際研究グループを有する膵液瘻(PF)は、重大な罹患率と有意に関連していた(P <0.001)。 21の変数は重篤な合併症の統計学的に有意な予測因子とみなされ、15のものはISGPFグレードCのPFのものと重なった。予測因子には年齢、性別、肥満、機能的状態、喫煙状態、 膵臓癌、血管切除術の併用、およびいくつかの異常な検査結果が含まれる。 重度の合併症率およびグレードC PFについてのリスクモデルのC指数は、それぞれ0.708および0.700であった。

管理人の都
管理人の都

 本文のTable2( Clavien-Dindo分類Ⅳ-Vのリスクファクター)に血清アルブミン2.5g/dl以下がありました。オッズ非2.189(95%CI1.499-3.196)です。膵頭十二指腸切除術の耐術能に栄養状態が含まれるかは分かりませんが、栄養士としては知っておいて損はありません。

原文

Abstract

Background

The morbidity rate after pancreaticoduodenectomy remains high. The objectives of this retrospective cohort study were to clarify the risk factors associated with serious morbidity (Clavien-Dindo classification grades IV-V), and create complication risk calculators using the Japanese National Clinical Database.

Methods

Between 2011 and 2012, data from 17,564 patients who underwent pancreaticoduodenectomy at 1,311 institutions in Japan were recorded in this database. The morbidity rate and associated risk factors were analyzed.

Results

The overall and serious morbidity rates were 41.6% and 4.5%, respectively. A pancreatic fistula (PF) with an International Study Group of Pancreatic Fistula (ISGPF) grade C was significantly associated with serious morbidity (P <0.001). Twenty-one variables were considered statistically significant predictors of serious complications, and 15 of them overlapped with those of a PF with ISGPF grade C. The predictors included age, sex, obesity, functional status, smoking status, the presence of a comorbidity, non-pancreatic cancer, combined vascular resection, and several abnormal laboratory results. C-indices ofthe risk models for serious morbidity and grade C PF were 0.708 and 0.700, respectively.

Conclusions

Preventing a PF grade C is important for decreasing the serious morbidity rate and these risk calculations contribute to adequate patient selection .

コメント

タイトルとURLをコピーしました