シンバイオティクスは腸内細菌叢を調整し、敗血症患者の腸炎および人工呼吸器関連肺炎を減らす:無作為化比較試験

文献 文献
Reading Time: 約 2

Synbiotics modulate gut microbiota and reduce enteritis and ventilator-associated pneumonia in patients with sepsis: a randomized controlled trial.

Crit Care. 2018 Sep 27;22(1):239.

結論

予防的シンバイオティクスは、腸の微生物および環境を調節することができ、敗血症患者における腸炎および人工呼吸器関連肺炎 (VAP) の発生率に予防効果を有する可能性がある。

要旨

バックグラウンド

共生微生物叢は重症患者で悪化する。微生物叢および敗血症性合併症に対するプロバイオティクス/シンバイオティクス療法の予防効果は、敗血症患者では完全には解明されていない。本研究の目的は、シンバイオティクスが腸内細菌叢に影響を与えるかどうかを評価し、人工呼吸器装着敗血症患者の合併症を軽減することでした。

方法

集中治療室(ICU)で人工呼吸器装着敗血症患者は、この無作為化比較試験に含まれた。入院後3日以内に開始された毎日のシンバイオティクス(ビフィドバクテリウム・ブレーベ株ヤクルト、ラクトバチルス・カゼイ株シロタ、およびガラクトオリゴ糖)を受けた患者(シンビオティクス群)は、シンバイオティクスを受けなかった患者(非シンバイオティクス群)と比較された。主要評価項目は、入院後4週間以内の腸炎、人工呼吸器関連肺炎(VAP)、菌血症などの感染性合併症でした。副次評価項目には、4週間以内の死亡率、糞便中の細菌数、および有機酸濃度が含まれていました。 腸炎の定義は12時間以上の連続的な液体便の急性発症。

結果

72人の患者がこの試験を完了した。 35人の患者がシンバイオティクスを受け、37人の患者がシンバイオティクスを受けなかった。腸炎の発生率は、シンバイオティクス群の方が非シンバイオティクス群よりも有意に低かった(6.3%vs27.0%; p <0.05)。シンバイオティクスのVAPの発生率も、非シンバイオティクス群よりも有意に低かった(14.3%vs48.6%、p <0.05)。菌血症と死亡の発生率は、2つのグループ間で有意差はありませんでした。糞便細菌の分析では、シンバイオティクス群のBifidobacteriumとLactobacillusの数は、非シンバイオティクス群のそれよりも有意に多かった。糞便有機酸の分析において、総有機酸濃度、特に酢酸塩の量は、1週目の時点で、シンバイオティクス群のほうが非シンバイオティクス群よりも有意に高かった(p <0.05)。

管理人の都
管理人の都

主要評価項目の腸炎とVAPに差が出ています。腸炎は直感的に理解できるのですが、VAPが減るのは興味深いですね。私が日常提案しているのはPHGG+ミヤBMですのでこの報告と一致はしませんが、シンバイオティクスが有効というのは栄養士として覚えておきたいです。ちなみにシンバイオティクス群で用いられたのはヤクルトBL整腸薬+ガラクトオリゴ糖の組み合わせです。

原文

Abstract

BACKGROUND

Commensal microbiota deteriorate in critically ill patients. The preventive effects of probiotic/synbiotic therapy on microbiota and septic complications have not been thoroughly clarified in patients with sepsis. The objective of this study was to evaluate whether synbiotics have effects on gut microbiota and reduce complications in mechanically ventilated patients with sepsis.

METHODS

Sepsis patients who were mechanically ventilated in the intensive care unit (ICU) were included in this randomized controlled study. Patients receiving daily synbiotics (Bifidobacterium breve strain Yakult, Lactobacillus casei strain Shirota, and galactooligosaccharides) initiated within 3 days after admission (the Synbiotics group) were compared with patients who did not receive synbiotics (the No-Synbiotics group). The primary outcome was infectious complications including enteritis, ventilator-associated pneumonia (VAP), and bacteremia within 4 weeks from admission. The secondary outcomes included mortality within 4 weeks, fecal bacterial counts, and organic acid concentration. Enteritis was defined as the acute onset of continuous liquid stools for more than 12 h.

RESULTS

Seventy-two patients completed this trial; 35 patients received synbiotics and 37 patients did not receive synbiotics. The incidence of enteritis was significantly lower in the Synbiotics than the No-Synbiotics group (6.3% vs. 27.0%; p < 0.05). The incidence of VAP was also significantly lower in the Synbiotics than the No-Synbiotics group (14.3% vs. 48.6%; p < 0.05). The incidence of bacteremia and mortality did not differ significantly between the two groups. In the analysis of fecal bacteria, the number of Bifidobacterium and Lactobacillus in the Synbiotics group was significantly higher than that in the No-Synbiotics group. In the analysis of fecal organic acids, total organic acid concentration, especially the amounts of acetate, were significantly greater in the Synbiotics group than in the No-Synbiotics group at the first week (p < 0.05).

CONCLUSIONS

Prophylactic synbiotics could modulate the gut microbiota and environment and may have preventive effects on the incidence of enteritis and VAP in patients with sepsis.

コメント

タイトルとURLをコピーしました