膵頭十二指腸切除術後の5つの栄養経路のシステマティックレビュー

文献 文献
Reading Time: 約 2

Systematic review of five feeding routes after pancreatoduodenectomy

Br J Surg. 2013 Apr;100(5):589-98;

要旨

結論

膵頭十二指腸切除後 のルーティーンな経腸または経静脈栄養を支持する証拠はない。 経口食は、膵頭十二指腸切除後の好ましい栄養経路として考えられるかもしれません。

バックグラウンド

現在のヨーロッパのガイドラインでは膵頭十二指腸切除術(PD)後の日常的な経腸栄養法を推奨していますが、アメリカのガイドラインでは推奨していません。 この研究の目的は、PD後の最適摂食経路を決定することでした。

方法

系統的検索はPubMed、EmbaseおよびCochrane Libraryで行われた。入院期間(主要評価項目)を報告したPD後の摂食経路に関する研究も含まれる。全体的な疾患率は、JTグループの43.8%(185人中81人)からGJTグループの75%(24人中32人)に及びました。

結果

抽出された442件の論文のうち、3474人の患者を対象とした15件の研究が含まれています。5つの栄養投与ルートに関するデータ:経口摂取(2210人)、経鼻空腸栄養(NJT,165人)、経胃空腸チューブ(GJT,52人)空腸瘻チューブ(JT,623人)、中心静脈栄養(TPN,424)。 平均(標準偏差)。 入院期間は経口摂取とGJT群でそれぞれ最短であり(それぞれ15(14)日と15(11)日)、JTでは19(12)日、TPNでは20(15)日、NJTは25(11)日であった。通常の経口摂取は経口食群で最も早く(平均6(5)日)、続いてNJT群で8(9)日であった。胃内容排出遅延の発生率は、GJT群の6%(52人中3人)からJT群の23.2%(185人のうち43人)までさまざまでしたが、定義は大きく異なっていました。彼の全体の死亡率は、NJTグループの1.8%(165人中3人)からTPNグループの5.4%(234人中24人)の範囲でした。

管理人の都
管理人の都

膵頭十二指腸切除後の栄養投与経路についてのシステマティックレビューです。やはり経口摂取がよさそうです。しかし、術後合併症によっては経口摂取が出来なくなるため、tubefeedingをしないと栄養が摂れなくなります。tubefeedingで栄養が充足されていても、経口摂取開始を常に考えておいたほうが良さそうです。

原文

要旨

BACKGROUND

Current European guidelines recommend routine enteral feeding after pancreato-duodenectomy (PD), whereas American guidelines do not. The aim of this study was to determine the optimal feeding route after PD.

METHODS

A systematic search was performed in PubMed, Embase and the Cochrane Library. Included were studies on feeding routes after PD that reported length of hospital stay (primary outcome).

RESULTS

Of 442 articles screened, 15 studies with 3474 patients were included. Data on five feeding routes were extracted: oral diet (2210 patients), enteral nutrition via either a nasojejunal tube (NJT, 165), gastrojejunostomy tube (GJT, 52) or jejunostomy tube (JT, 623), and total parenteral nutrition (TPN, 424). Mean(s.d.) length of hospital stay was shortest in the oral diet and GJT groups (15(14) and 15(11) days respectively), followed by 19(12) days in the JT, 20(15) days in the TPN and 25(11) days in the NJT group. Normal oral intake was established most quickly in the oral diet group (mean 6(5) days), followed by 8(9) days in the NJT group. The incidence of delayed gastric emptying varied from 6 per cent (3 of 52 patients) in the GJT group to 23.2 per cent (43 of 185) in the JT group, but definitions varied widely. The overall morbidity rate ranged from 43.8 per cent (81 of 185) in the JT group to 75 per cent (24 of 32) in the GJT group. The overall mortality rate ranged from 1.8 per cent (3 of 165) in the NJT group to 5.4 per cent (23 of 424) in the TPN group.

CONCLUSION

There is no evidence to support routine enteral or parenteral feeding after PD. An oral diet may be considered as the preferred routine feeding strategy after PD.

コメント

タイトルとURLをコピーしました