病院栄養士の求人に採用されるためにやるべき事【総合、大病院】

臨床栄養ライフ
Reading Time: 約 < 1

栄養士として働いてはいるけど、大病院で栄養管理がしたい!。でも、大病院の正職員は競争率が高くライバルが多い。どんな準備したらいいのか・・・。

こんな悩みを抱えている栄養士向けの記事です。本記事では、総合病院、大きな病院の採用試験に対する具体的な方法を公開します。

結論は以下の3つ「履歴書のスペックを上げる」「ガイドラインと問題集のチェック」「今の仕事を説明する力」これだけです。

本記事の内容

・書類審査:履歴書のスペック
・筆記試験:チェックすべきガイドラインと問題集
・面  接:今の仕事を説明する力 
・細かいテクニック

記事を書いている私は病院で働いています。 転職活動中は1年で5カ所の大病院を受けて、3カ所は面接まで通っています。また、年齢的にもマネジメントをしている同学年の栄養士が増えてきました。情報は沢山入ってきます。私の経験から有効だと考えられる方法をまとめました。ぜひご覧下さい。

書類審査:履歴書のスペック

タイトルで示している履歴書とは職務経歴書も含みます。

履歴書のスペックを上げてライバルに差をつけます。スペックを上げるとは、「仕事に情熱をもって取り組んできました」等の抽象的な作文を頑張るのでは無く、作文の素材を作っておく事です。素材は職場での業務以外で作ります。順番に示していきます。

資格
  • 病態栄養専門管理栄養士
  • NST専門療法士
  • 糖尿病療養指導士

上記が所持しておきたい病院栄養士での有力資格です。所持していると履歴書に書けるので、ある程度の経験があると判断できます。他にも色々な資格がありますが、学会認定・栄養士会認定は履歴書評価にが高いと思われます。

栄養系雑誌への記事掲載

いわゆる論文投稿です。難易度はかなり高いですが、経験があると評価が高くなります。「病態栄養学会」「静脈経腸栄養学会」等の学術誌でも、「臨床栄養」「ニュートリションケア」などの商業誌でも良いと思います。

履歴書に書けると強烈にスペックを上げる事が出来ます。というか、これを日常的に行っている方は就職先に困っていないと思います。

学会発表

雑誌への掲載ほどではありませんが、学術集会での発表は履歴書における評価が高い経験です。養成校を卒業してから毎年1回以上出来ていればベストでしょう。学会発表は大変ですが栄養士としての知識以外にも得られるモノは多いのでぜひ取り組んで下さい。

職務経歴書の自己PR欄に箇条書きで並べると良いです。「〇〇に頑張ってきた」等の抽象的な作文はライバル達も書いています。みんな頑張っているのは分かっていますので、選考側としては具体的な実績を知りたいのです。

筆記試験:チェックすべきガイドラインと問題集

  • 糖尿病治療ガイド 最新版
  • CKDガイドライン 最新版
  • 大量調理マニュアル
  • 日本静脈経腸栄養学会 認定試験基本問題集
  • NST専門療法士認定試験過去問題集
  • 管理栄養士国家試験の過去問題集

上記をチェックしておけば、ほぼ対応可能です。驚いたのは「日本静脈経腸栄養学会 認定試験基本問題集」をそのまま出題した病院がありました。採点や問題作成の管理を考えると出題側としては流用するのが合理的だからだと思います。

すべてをチェックして把握するのは大変です。診療ガイドラインは栄養領域だけでも十分ですし、管理栄養士国試の過去問は臨床栄養の領域だけで良いと思います。

面接:今の仕事を説明する力

今、自分自身が働いている内容を説明できれば良いと思います。面接では①事務部門の人事担当、②栄養部門の管理職が面接官になります。それぞれに対策しておけばスムーズに面接が進められ好印象です。私が受けた質問を基に対策を示していきます。 

事務部門の人事担当

一般的なマニュアル型の質問が多かったです。例を挙げると「既卒のあなたを雇うメリットを教えてください」「長所を教えて下さい」等です。転職活動サイトや本に載っている一般的な質問の回答を準備しておけば対応できます。

栄養部門の管理職

実務経験をしていないと答えられない具体的な栄養士業務の質問が多かったです。例を挙げると「栄養スクリーニングとNST介入の流れを教えてください」「栄養指導の件数は何件程度でしょうか」等です。これらの質問は普段の仕事をするだけではなく、職場の景色を知っていると厚みのある回答が出来ます。つまり、具体的な数字や業務の目的を理解している必要があります。

質問例:「栄養スクリーニングとNST介入の流れを教えてください」 
回答例:「スクリーニングはSGAを用いて入院時の全患者に行われます。高度不良と判定された患者のうち、除外基準に該当しない患者がNST対象となります。日々の入院患者は約○○人、そのうち約〇〇%がNST対象となります。私はそのうち〇件を担当してきました。」  

面接は確認業務だとよく耳にします。履歴書と筆記試験で候補の順位は決まっているというのです。したがって、面接はマイナスポイントが無いようにする事が大切です。

実際の質問内容は下記の記事を参照下さい(2019.11.9追加)

【面接内容】病院栄養士の採用面接のなかみ【質問公開】
転職で面接に困っている栄養士さん向けの記事です。私が実際に受けた質問と自分なりの対策をまとめました

細かいテクニックと心構え

私が転職活動をしていた時のテクニックと心構えを示します。参考にして下さい。

  • 入職したい病院のホームページを全てブックマーク、一週間ごとにチェック
  • 即送れる履歴書セットを常備
  • 筆記試験はおわってすぐメモアプリに問題を記録。次の試験の対策に
  • 〇歳まで挑戦し続けてダメだったら諦める。明確な諦めポイントを設定
  • 自分側の準備は万端で、機会があれば即対応できる努力
  • 面接で落ちても、病院ニーズに合わなかったと考える。ただし、回答の反省はする
  • 新しい臨床栄養の話題が話せるように論文・学術集会・研究会のチェック・雑誌「臨床栄養」は全て読む

臨床栄養にもトレンドがあります。情報収集は雑誌を読むのが一人でも出来るので手っ取り早いですね。

病院で働く栄養士におすすめする雑誌
病院で働く栄養士におすすめの雑誌を紹介。結論は「臨床栄養」「Nutrition care」「診療科の専門誌」

給食会社等で働いており、今回の記事に示された事が出来ない方は、いきなり大病院の正規職員を目指すのは難しいです。精神科病院・療養型病院・産休の代替要員等は比較的募集が多めで採用されやすいです。まずはこういった施設で臨床経験を積んではいかがでしょうか。

以上、私の転職活経験をもとに対策をまとめてみました。 マナーは転職サイトや転職本に一度目を通しておく程度で良いと思います。

転職は新卒とは違い明確な期限がありません。不明確な未来に対して継続した努力が必要となってきます。がんばりましょう

おわり。

コメント